LIDUM

Laboratory Institute of DESIGN for Urban Matrix

■■■
■■■
■■■

LIDUM
by lidum
カテゴリ
●Top
●Works
 都市デザイン
 文化・教養施設
 商業・娯楽施設
 事務所・業務施設
 住まいづくり
●Manage
●Media
 執筆・監修
 出演・紹介
 講演・講師
 活動
●Forum
●Column
●Profile
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ: 執筆・監修( 7 )
「リフォーム便利帳」
2004年 1月 2004 No1 「マジメに住まいを考える人のための リフォーム入門」

家を変えたいな・・・そんな、ウズウズが十分膨らんできたら
リフォームの基本をしっかり考えてみよう。
リフォームで失敗しないために・・・
理想的な住宅を手に入れるために・・・

   リフォームに大切な”インフォーム・ド・コンセント”とは
    インフォーム・ド・コンセントとは医師が患者に対して受ける治療内容の
    方法や意味、効果、危険性、その後の予想、治療にかかる費用などについて
    十分に、分かりやすく説明し、治療の同意を得ることを言います。
    リフォームでも、インフォーム・ド・コンセントが大切。
    どうしてリフォームし、リフォームごにどうなるのか、費用は、工法・工程は?
    などを事業者から説明を受け、納得することです。


(株)リフォーム産業新聞社 Phone 03-3546-0774
 
[PR]
by lidum | 2004-08-03 07:00 |  執筆・監修
「建築ジャーナル」
1998-8 No.923 直言 「建築家は社会に向けて存在を広報せよ」

・・・「建築家のイメージ」、「建築家の位置付け」、「建築家を広報する」
・・・「設計士」という呼称が横行している。
・・・「建築家」は、もっと社会に出て自らの存在を広報するべきである。
・・・社会を知らない「建築家」に、建築の設計など出来ようはずはないではないか。

 
企業組合 建築ジャーナル Phone 03-5404-0691
[PR]
by lidum | 2004-08-03 06:00 |  執筆・監修
「ニューハウス」
1998年 3月号 N邸を紹介

玄関のドアを開けると、いきなり目に飛び込んでくるのは窓一杯の緑。
続くLDKでは、中央の滑り台、壁に掛かったご主人の趣味のベースギター
奥様の愛用機であるパソコンが、それぞれの存在を主張しています。

ニューハウス Phone 03-3206-808
[PR]
by lidum | 2004-08-03 05:00 |  執筆・監修
講談社MOOK 「素敵な家づくり 建て替え&新築 500の実例集」
1997年 12月 「これだけは知っておきたい 建て替え&新築のHow to講座」を監修

家を建てるには、どんな準備が必要?
どのくらいお金はかかるの?

判らないことはたくさんあるはず。


ここでは実際に夢のマイホームを手に入れた家族の記録をもとに、
家づくりの基礎を学んで行きます。

株式会社 講談社 Phone 03-5395-3451
[PR]
by lidum | 2004-08-03 04:00 |  執筆・監修
扶桑社 「新しい住まいの設計」
1996年 12月号 T邸 を紹介。

地鎮祭の日、14.65坪の敷地に立った関係者は、
あまりの狭さにアッケにとられた。
実は、ハウスメーカーにも建築は無理と断られた
狭小敷地、傾斜,変形と悪条件が並んだこの土地に完成したのは
地下室と屋上付き延床面積20.50坪の家。
法定緩和をフルに活用した成果です。


扶桑社 Phone 03-5403-8888
[PR]
by lidum | 2004-08-03 03:00 |  執筆・監修
永岡書店 「1000万円台の家づくり実例集」
1996年 6月 T邸を紹介。
巻末の「はじめてのローコスト住宅.マネー&設計プラン」を監修

人生の中で、いちばん大きな買い物といえる「マイホーム」。
購入する前の準備にも、相当のエネルギーが必要になります。
ここでは、コストを抑えた、快適な家づくりのポイントを学びます。


永岡書店 Phone 03-3992-5155
[PR]
by lidum | 2004-08-03 02:00 |  執筆・監修
「建築ジャーナル」
1995-9 No.869 ◎ 関東地域版+東日本エリア 短信コーナー

新和風をめざした店舗」と題して、和菓子 亀福 を紹介。

横浜の戸塚、旧東海道沿いに従来の和菓子店のイメージを
変えた店舗付住宅がある。
若い二代目店主と数寄屋風のこれまでの和菓子店の
イメージから脱却しようと意見が一致。
京都や高山など、現代和風の店舗をともに訪ね歩いた。
古くからのお客さんにも受け入れられているようで、
売り上げも順調で、ホッとしている。


企業組合 建築ジャーナル Phone 03-5404-0691
[PR]
by lidum | 2004-08-03 01:00 |  執筆・監修