LIDUM

Laboratory Institute of DESIGN for Urban Matrix

■■■
■■■
■■■

LIDUM
by lidum
和菓子 亀福
a0017020_2292444.jpg
戸塚区の渋滞で有名な原宿交差点近くにある商店街の中の和菓子店
周囲が密集して、前面の道路からしか採光がとれないため、
2,3階の住居部分に採光を与えながら目隠しをし、
かつ店舗としての看板効果を与えるためのアルミパンチングメタルの採用が、
プランニング、外観のデザインのポイントになっている。

a0017020_2294292.gif
明るく開放的に、かつ和菓子のイメージを損なわないようなデザインを心掛けた。
間口いっぱいを店舗として認識できるように
写真左側の住居部分入口に格子状の扉を設け、
ガラス張りの店舗部分には、入口の那智黒石、緋毛繊のを配色したベンチ、
杉板の扉、のれん・・・という「和」をイメージする要素を配している。

a0017020_2263038.jpg
店舗内部はとにかく明るく、清潔感を大切にした。
正面の収納棚は、京都・山崎の利休茶室の壁面の構成をモチーフとしている



和菓子 亀福 (1995年 完成)

所 在 地 / 横浜市戸塚区原宿町
主要用途 / 店舗併用住宅
設計監理 / 江森 俊樹 × 都市建築研究所LIDUM
施  工 / 大洋建設株式会社
敷地面積 / 53.89㎡ (16.30坪)
建築面積 / 43.07㎡ (13.03坪)
延床面積 / 107.61㎡ (32.56坪)
構造規模 / 鉄骨造 地上3階
地域地区 / 近隣商業地域、準防火地区
設計期間 / 1993年 1月~1993年 9月
施工期間 / 1993年 9月~1994年 3月
総工事費 / 3850万円(設計監理料 別途)
作品紹介 / 建築ジャーナル 1995-9 No.869
[PR]
by lidum | 2004-10-04 02:00 |  商業・娯楽施設
<< M美術館 (プロジェクト) 茅ヶ崎 Kプラザ >>